スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
東北さようなら
■8月16日の出費
・おおみや旅館宿泊代 15300×2=30,600円
・新潟道の駅にておみやげ 1,500円
合計:32,100円

●8月12日〜8月16日までの
出費合計:123,978円 わーー使いすぎ・・・

電車で行くと上田-八戸間は1人片道2万円かかる。
二人で往復8万円におみやげ代、おこずかいなど入れると
だいたい同じくらいになるから、車の方がお得ということがわかった!
-------------------------------------------------------------------

8月16日、早起きな私はいつも通り5時起床。
この日もヒカルさんを叩き起こし近くの神社まで散歩に行く。
近くに本当の源泉を引いた足湯があったけど、あちいぃぃぃ!

朝食をすませ7時半、蔵王温泉さようなら〜東北さようなら〜
蔵王から故郷の上田までは結局ずぅーーーと下道できてしまった。
寄り道をしながら、上田着はそれでも夕方6時ごろ到着。


下道だから、こんな山道ばかり。あーー気持ちいい。森林浴120%★


寄り道したところは、重要文化財になってる茅葺き屋根の「旧長谷部家住宅」。
会員の人たちが生活をしながら保存しているらしく、ちょうどお昼を作っていた。
入館料を500円も払ってみたけど、なんだか現実的なモノ
箱ティッシュ、洗濯物、ゴミ箱などが置かれていてうーんいまいち。

お昼を喜多方ラーメン食べようかと話していたけど、意外とスムーズに進み
車をひたすら走らせる。新潟でハッと車の中の温度計を見ると

42℃ 

ゲッ!
暑い訳だ。

次の寄り道は、野沢温泉
長野県にいながらここまで有名な温泉に行かない訳にいかない!
ここは外湯が13箇所もあり、村の人の共有財産なので無料。
どこに行ったらいいのかわからなかったので、観光センターで聞くと
一番有名なのは「大湯」だとか。これ↓


しかし、暑さに加えあまりの人の多さにギブアップ。
浴槽に隙間のないくらい入っていた。

村人っぽい女の子におすすめの湯を聞いたら
何やら「熊の手洗湯」がお肌にいいらしいですよ〜と教えてくれた。
ヒカルさんはもうゆでだこ状態なので、私1人で入った。
うーん、お肌が綺麗になってく感じがした♪(笑


野沢温泉はいわゆる温泉街ってかんじで、とってもよかった。

今度行くときは、ナビが車についていればもっといいなぁ。
これ見てる人、おすすめ温泉情報ひみつで私に教えてください!

------------------------------------------
8月29日 今日のロハス度 ★★★★
・軽井沢の工事現場で森林浴しながら仕事
・トマトときゅうりを大量にいただく
・大雨が降ったので庭の水くれをしなくてすんだ
| comments(0) | trackbacks(0) | by greenmay9
蔵王温泉
・・・お盆の出来事を小出しに日記しています。

■8月14日の出費
・子供たちに花火 2,200円
・子供たちにおこずかい 2000×3=6,000円
・信州へおみやげ 6,700円
合計:14,900円

■8月15日の出費
・東北自動車道SAにておみやげ 2,900円
・高速(八戸-山形蔵王) 7,550円
・ガソリン(52L) 7,488円
・有料道路 300円
・信州へおみやげ 7,500円
合計:25,738円
-----------------------------------

東北に来て3日目の14日。
お義父さんのお墓参りをして、親戚の挨拶周りをする。
どのお宅でもとっても良くしてくれて、感謝感激★

この日はヒカルと子供たち3人連れて終日出かける。
お姉さんの子供は柱帆11歳、凪子9歳、藍4歳。みんなとってもわんぱく。
はぁ疲れた。一日終った夜、お母さんと話をしながらウトウト。
いかんいかん!緊張感が足りないわ。しかし眠気には勝てず・・・
案の定、布団には3人+ヒカルが寝ていてスペースがなーい!
一番小さい藍君をそーっとどけて、おやすみなさいzzz


15日の記念撮影。
楽しい思い出をありがとう!

10時出発。
本当は仙台に寄って牛タンを食べていく予定だったけど予定変更。
高速で山形の蔵王温泉に向かう。
高速SAのガソリンスタンドはすごい行列で、
高速道まではみ出して車の列が出来ていた。
リッターが数円違うだけでこれだけ列ができるとは、日本人恐ろしや。
高速道内のガソリンスタンドは1ヶ月前の価格らしく、確かに10円安い所もあった。

15時蔵王着。
スキー好きの私は冬の蔵王にも来たことないのに、夏に来ることになるとは。
早めについたので、少しトレッキングしようと思ったけどやっぱり温泉だね!


今回のお宿はおおみや旅館」。インターネットで見つけて予約。
先代の館主が「竹久夢二」好きで、館内には夢二の絵画が多く
旅館全体の雰囲気もノスタルジックで大正時代を思わせる感じに内装されていた。

部屋の様子。
ヒカルが八戸でもらってきたものを冷蔵庫にせっせと入れてる図。


*ウェルカムフルーツが冷蔵庫に。
これは素敵なサービスだね。

この旅館の姉妹ホテル2つの温泉が無料だということを聞いて早速出かける。
蔵王国際ホテル」の温泉”八右衛門の湯”はかなりお勧め!
一歩門をくぐると、リゾートホテルにこんな素敵な木造の温泉があるのーって感じで、脱衣室から浴室、浴槽まですべて木造。かなーりおすすめ★

蔵王四季のホテル」は名前が素敵で、外観もとってもよかったので期待大だったけど、入った瞬間に塩素の匂いがして入らず出てきた。
その代わり、無料のマッサージ機があったのでしばらくいい気分に・・・
蔵王温泉街をブラブラして帰る。温泉街もあまり盛ってない感じだった。
トレッキングができれば文句なしの場所だったな。


「おおみや旅館」の夕食。うーん、これと言った旬の料理がなくてイマイチだった。
そりゃ鶴の湯に比べたら格段の差ですよ。それでもおなかいっぱい食べたわー

旅館の温泉はとってもよかった。こちらも木造で露天もあり。
夜と朝が交代制になっていて違う雰囲気のお風呂を楽しめて満足♪

夜は小泉首相の靖国参拝のTVばかりでつまらん。
個人として参拝すればよかったのに。
首相は国の代表だもんねーまずいよねー

----------------------------------------
8月25日のロハス度 ★★★★★
・車を使わず、歩きと人頼みの一日
・ロハスショップを京都で見つけ物色
・前の会社の同僚や知り合いに会いとっても嬉しかった!
| comments(4) | trackbacks(1) | by greenmay9
盛岡グルメ三昧
乳頭温泉を出発して約1時間、盛岡の空気は違った。
熱気なのか、ただ高気温なのか、
暑い暑い暑い!

盛岡冷麺とじゃじゃ麺のお薦めの店を紹介してもらった
ここでも登場、三浦夫人。
私の大好きな友達の1人。
一緒にいる空気がとっても好き。
からかうとお茶目なところが好き。
いつもありがとう★

欲張りでどっちも食べたかったので
まずは冷麺を食べに盛岡駅前の「盛桜閣」へ。

わぉ!本場の冷麺は極太で固い。まさに私たちの好み。
(私とヒカルさんの唯一合致する好みが極太固麺)
ヒカルさんが冷麺を、私がキムチを頼む。
もちろん最高にうまかった★スイカが載ってるのがいいね。

さっさと食べて、じゃじゃ麺の店を探しに商店街へ。
やっぱり30万都市。私の住んでいる上田市と違うなぁ〜


じゃじゃ麺のお店はとっても狭く、10人入ればいっぱいの店。
茹でた麺の上に味噌に絡めて炒めた牛ひき肉ときゅうりが乗る。
大、中、小とあり、普通の中盛で450円。やすぅーーい!
しゃきしゃきしたきゅうりと味噌を混ぜて食べる感触がいい。
味噌味が辛めでVERYGOOD

美味しくいただいた後は、チータンというスープを飲むのが定番。
お皿に生卵を割り
「おねがいしまーす」と横の人の真似をして言う。
うんこれは美味しい。スープと味噌とネギを入れてくれた写真。


食べ過ぎているので、少し観光ショッピング。
先日知り合いのおじさんにいただいた
染製品「南部しぼり」のお財布がどうしてもほしくて
店を探し当てたが、最悪。今日がちょうど定休日だった・・・ガーン。
盛岡で15時ごろまでゆっくり観光する。


*盛岡銀行。洋風の建物がまだけっこう残されていた。ステキな雰囲気。


*消防団の詰め所。おーレトロでかっちょええ。

甥っ子姪っ子から何回も電話が鳴り、「まだまだー」と言ってくる。
あー会えるの楽しみだわぁ。いざ八戸へゴー♪

八戸の自宅着が18時。
夜はBBQを親戚入れて12人でやる。
義理のお兄さん(こーちゃんと呼んでいる)がマグロの頭を焼いていた。
さすが、東北。BBQでもやることが違う!


*こーちゃんと姪っ子の「凪子ちゃん」。かわいいでしょ。

よく食った!花火をおみやげに持ってきたので
約2時間もやっていた。はー花火くさい。
夜は甥っ子姪っ子含め5人で布団ぎゅうぎゅうに寝る。
何回蹴られたことか。おやすみなさーい。
| comments(0) | trackbacks(0) | by greenmay9
乳頭温泉郷
■8月13日の出費
・鶴の湯宿泊代 10650×2=21,300
・ビール代 1,230円
・湯めぐり帖 1500×2=3,000円
・ガソリン(61L) 8,430円
・盛岡冷麺とキムチ 900+300=1,200円
・盛岡じゃじゃ麺 450×2=900円
・岩手道の駅にて八戸へおみやげ 4,500円
・高速(盛岡-八戸) 3,100円
合計:43,660円
----------------------------------------

早起きしてお風呂に誰も居ないのを見計らって撮影大会。
昨日も(20時頃)今日も(朝6時頃)人が少なくてラッキー。
宿泊者も家族連れが案外少ないのでとっても静か。


朝食前にヒカルを叩き起こして近くの森へお散歩。
「ツアールの森」と書かれた看板。
ドイツのツアールさんが絶賛した森だとか(単純だ)。
枝打ち、間伐がしてあり下にはシダが生えていた。これは本物だわ。


進むこと15分、エメラルド色のステキな川を見つける★

おーいヒカルさん、そこで何やってるのー
朝の澄んだ空気で深呼吸、森のエネルギーをたくさんもらう。
往復30分程度のお散歩をし、腹を空かして宿へ戻る。


朝食も山の幸満載のお膳。
普段朝食を食べないヒカルがお茶碗2杯も食べていた。
私も軽く1杯のはずが、しっかりといただく。オー幸せ♪


一番気に入ったのは、やっぱり建物が自然のものをたくさん使っていること。
床、壁、脱衣所、温泉までもふんだんに木や石などを使っている。
私たちの部屋の他にも囲炉裏付きの部屋などもあった。

今度はこっちに泊まってみたいわぁ。

宿で湯めぐり帖を購入し、早速湯めぐりツアーにいざ出発。
温泉好きの私にはもってこいだけど、のぼせ易いヒカルには・・・。

乳頭温泉郷には全部で7つの温泉がある。
鶴の湯温泉、孫六温泉、黒湯温泉、大釜温泉、蟹場温泉、妙乃湯、休暇村。
今回がんばって5つ制覇。これまた三浦夫人のアドバイスのお陰。サンキュウ★

↑気に入った順。やっぱり宿泊した鶴の湯が最高でした。
*孫六温泉は車が入れず、歩くこと10分。
湯治場としての風景を最も残している温泉。ひゃーすてき!



温泉も川沿いにあって、湯加減もちょうどよかった。
男の更衣室が女風呂への通路になってて男性の裸が丸見え・・・

*黒湯温泉は、孫六温泉から歩いて10分。
こちらも茅葺き屋根が立ち並び、秘湯情緒にあふれている。
温泉は開放感あふれる木製風呂。けっこう混んでて撮影できず。


*大釜温泉は廃校となった小学校を移築・改造している建物。


お湯が黄土色をしていて、他の温泉と違った雰囲気。
露天風呂は熱すぎて入れなかった。


*蟹場温泉は、うーんいまいちだったなぁ。温泉はよかったけどね。


ヒカルはのぼせてヘトヘト。
私のお肌は温泉に入りすぎたお陰でツルツル。
車の中は硫黄の匂い充満。
こんな感じで盛岡へGO!

盛岡日記はまた後日。冷麺おいしかったよーー


| comments(0) | trackbacks(0) | by greenmay9
乳頭温泉郷
■8月12日の出費
・道の駅で食べ物 950円
・高速(上田-新潟中条) 5950円
・おみやげ 680円
合計:7,580円
---------------------------------------

8月12日、ヒカルの実家八戸(青森県)に車で帰る途中
前から行きたかった「乳頭温泉」に立ち寄り一泊する。

はちみつの日(8月3日)に入籍したばかりの
東北通である、仲の良い三浦夫人から情報をたくさん入手。
助かりましたありがとうね!

1週間前だったけど秘湯鶴の湯温泉が予約できた。
舗装されていない砂利道を上がること15分。
風情ある、茅葺き屋根のひなびた温泉宿が見えた。



すごくステキ★
いままで行った温泉の中で最高の五つ星だわ。

(写真は13日の朝撮ったもの)
鶴の湯温泉がひとつの村のような風景を作っている。



宿泊施設と温泉施設が川を挟んで分かれていてわかり易かった!

前夜帰りが遅かったので出発が遅れ(朝7時出発)
秋田県のここ鶴の湯に到着したのは夜の7時すぎ。


入口の写真。着いたのが遅くもう暗かったので、
この入口を探すのに15分ほどかかってしまう。
結局は電話して場所を聞いたのよ。


お部屋はバストイレなし、TV・クーラーなしの8畳部屋。
窓から涼しい風が入ってきて東北に来たことを実感。

到着してしばらく経って、夕食が部屋に運ばれてくる。
岩魚、ぜんまい、わらびなど山の幸がお膳にたくさん並ぶ。
名物のいも煮がお鍋いっぱいに運ばれてきた。わぉ!




これは完全に太ります・・・

お昼をろくに食べなかったので、モリモリいただく。
このいも煮は、特別な味噌スープらしくかなり絶品。
入っていた具は地元のすいとん鍋に似ていた。
ヒカルは虫に好かれたらしく、虫と格闘しながら食べていたプププー


*温泉の入口の一つ。

泉質はアルカリ硫黄性の乳白色。
温泉は迷うほどたくさんある。
女性は露天風呂2つ、内湯4つ、混浴1つ。


*女性の内湯の様子


*女性専用の露天風呂の様子

女性の露天風呂から木戸を通って混浴に行けるので、
せっかく来たのだからと、一緒に入っていた女性4人で
「皆で行けば怖くない!」
タオルを巻いて恐る恐る混浴に入るが、
男性がたくさんいたのですぐに退散(笑)。
すっかり仲良くなり、一緒に温泉をはしごする。


*混浴露天風呂の様子。
女性の露天風呂に行く通路から丸見え。気をつけるべし。

温泉三昧をして、部屋に帰ってきたらヒカルはのびて寝ていた。
TVもなく携帯も通じないので、アイスクリームを食べながらしばし涼む。
それではおやすみなさいませ。

--------------------------------------
今日のロハス生活 ★
・「ルヴァン」の甲田さんに天然酵母パンをたくさんいただく
柳町通りの民家再生のそば屋おお西にて休憩
| comments(2) | trackbacks(1) | by greenmay9
[ 最近の記事 ]
[ カテゴリー ]
[ 月別 ]
[ コメント ]
[ プロフィール ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ RSS/ATOM ]
[ モバイル ]
qrcode