スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
日本はどこへ行くの
「定額給付金」
納得のいかない政策。

いったい国民の税金を
なんだと思っているんだろう。
自分の金だと思っているのではないか。

漢字を読み間違える麻生総理は、
ただ総理になって、
有名になりたかっただけじゃないのか。


先日耳にした
「地方の高速道路が休日なら千円で乗り放題。」
これもまったく信じられない政策。

値下げの大判振る舞いで、
歓迎する人も多いはず。
しかし、中身を知れば知るほど信じられないことが多い。

まず、値下げの対象がETCの利用に制限されていること。
ETCの支払いにはクレジットカードが必要。
それに機械を取り付けるのに1〜2万円かかる。

お金に余裕のない人やカードを持てない人は
値下げの恩恵は受けられない。

まるで今の私には高速道路に乗るな!と言ってるみたい。
実際利用していないけど。
どこにいくにも下道でっせ。
それに、車にあまり乗らない。


長距離トラックも対象外。
経済対策である以上、
コスト高に悩むトラック業界を救うのが筋なのに。

そして、また驚くのは
値下げによって減収になる5千億円は
私たち国民の税金によって穴埋めされる。


え?

単純な私の脳は、
意味ないよと思ってしまう。

今の時代、雇用や医療、福祉を優先させるべきなのに
現場を見ていないってこういうことかも。


高速道路を値下げしたら、
車の利用が多くなり、明らかにCO2の排出量が増える。
温暖化対策どころか、逆行しているよ!

温室効果ガス6%削減義務がある日本。
本当のこの意味を知って、政策をしてほしい。


地球の命がかかっているのに。


日本はどこへ向かっているんだろう。 
| comments(0) | - | by greenmay9
森林税に反対!

*光が射し込んだ里山の森

長野県では4月から長野県森林づくり県民税(森林税)が導入される。
去年12月の県議会で賛成多数で可決された。

個人に対して県民税に年500円を、
法人には法人県民税に5%を上乗せし、
総額で6億8000万円の税収を見込むというもの。

今、身近な森林、里山は手入れがされず見放され、
ごみが散乱し荒れ放題となっている。

そんな荒れた森林を再生させるための
間伐費用に充てようというもの。

*間伐とは、成長のよい木を残し、他の木を間引くこと。
残した木を質の良い木として育てるためにも、
また木と木の間に適度な間隔を空けて日光を差し込ませ
下草が生える健全な森林をつくるためにも必要な作業。


*我が家の主、ヒカルさんも伐採中。
私も一応きこり免許あります!


最初はすばらしい税金だ!と単純に思ってしまった。
でも、いろいろと話を聞くうちに、
ん?なんだかおかしくないか?と思い始めた。


●まず一つは、森林税を私有林の間伐に充てるということ。

間伐されずに荒れ果てた山は私有林が多い。
将来的に収益の見込めない山に、山主はお金をかけない。

せっかく先祖様から受け継いだ「大切な山」なのに、
自腹を切ってでも山を守る気がないみたい。

実際には相当額の補助金も出ていて、
山主の負担は現行で約3割・・・・
それを森林税で1割負担に減らそうと言うのは虫が良すぎる。


●二つ目は、県民税としていること。

県民から6億8000万円ものお金を取るくらいなら、
県で財源がどうして確保できないのか。

公共事業のかたまりであるダム建設の
穴あきダムに3500億もの税金が使われる。
他にも土木工事などに多くの税金が使われ、
この、信州の宝である森林を守るのは、県民税?
住民をばかにしているとしか思えない。

森林が崩壊され、生態系に異常事態がおきてるのに
たったの7億弱のお金で何ができるのか。


●だれが間伐するのか

結局は県民税を使って間伐作業をするのは
森林組合や、行政と仲の良い一部の人たちじゃないのか。

地元で一生懸命やっているキコリさんたちや
個人でやっている森林伐採業者の仕事となったりすれば、
地元の雇用も潤うし、不公平がない。

---------------------------------------------
治山対策や、魅力的な職場環境の整備、
薪ストーブやペレットストーブの普及、
木質バイオマス事業の拡大など、
森林整備の他にも、地球の未来がかかっている
地球温暖化問題に密着していることは多い。


私が活動している医師不足の問題にしろ、
今やらなくてはならない問題が
いつも後回しになるのはどうしてだろう。


すべてが多数決の民主主義。
いくら反対意見をいっても流されてしまう。
何かできることはないかな・・・


森林税に賛成?反対?

| comments(5) | - | by greenmay9
統一地方選挙


政治=私たちの生活



ここ数年間、いろんな選挙に関わって強く確信したこと。
遠い世界のように感じるけど、
すべて生活の基盤となっていることは
この政治の世界で作られていること。
民意が伝わるかどうかも、政治家にかかっていること。

私たちの汗水流して働いたお金で政治が成り立っているのだから
意見が言えない、伝わらないというのは納得がいかない。

選挙は自分の思いが正しく訴えられるチャンス。
だから本気で政治家を選びたい。

----------------------
長野県でも県会議員選挙が始まっている。
うちの選挙区は、旅館業を営むご主人が突然の立候補。
それも締め切りの数時間前にやっとの思いで資金60万円を納めたとか。
4人区に4人しかいなかったので突然の選挙戦がスタートした。

ご主人も当選が目的でなく、本当の目的は旅館の宣伝
東京都知事選にも同じ目的の人が多数いるけど、
自分の名前が連日新聞やテレビに無料で報道される訳だから安いもんか。

こちら地元4人の現職の当選は99%確実なわけで、
選挙戦になったからには票を稼がなくてはと
選挙事務所も電話作戦やローラー作戦、法定ハガキの作成など
毎日目まぐるしいほど人が忙しく動いている。

4年前は遊説カーに乗り、
連日寒い中、大声を出して窓から手を振ってたなぁ。
それも若さゆえ・・・今はきっと体力がもたないわ悲しい

気になるのは、やっぱり東京都知事選。
元長野県知事の康夫ちゃんと同じ血が流れていると感じる、
やっぱり浅野氏に勝利してほしい。
「大江戸勝手連」を作って、ピーコも応援しているらしい。

東京オリンピックなんて開く必要なんかまったくない。
日本の、東京の偉大さを世界にアピールしたいだけのパフォーマンス。
何千億円と言う、住民の税金を使ってよくそんなことができるなぁ。
私たちの住民にとってはいいことなんてまったくない。

そんなところに金かけるなら、
もっと地球の未来を考えろ!

地球温暖化で冬は暖かくなり、
雪が減り、
雨が減り、
夏の水不足も深刻になる中、
海をどんどん埋め立て箱物を作り、
自然を破壊してダムを作り、
日本の森を枯らせ、
膨大な燃料を使って外国から木を輸入している。
矛盾しているよ!

目指す社会は国際化、グローバル化、大規模化ではなく
地域化、多様化、個性化でなくちゃいけない。


政治は生活。
選挙権を持ってようやく最近気づいたこと。



----------------------------------------------------------
パー昨日のロハス度 ★★★★★ →ロハスとは?
・車を使わない生活、省エネ。
・大好きな31アイスのバラエティーパックを購入。すべてチョコ味♪
・友達からグアムのお土産が届く、ありがとう〜
・冬が終わるというのにレッグウォーマー購入。おぉ使える!
・天気が良く、洗濯物がよく乾いた。
| comments(4) | - | by greenmay9
理不尽な現実
長野県知事が村井知事になって初めて
一般質問の傍聴に行ってきました。

今回は島田県議と北山県議の傍聴。
傍聴人は田中知事時代と比べて数えるほどしかいなくて
私たちご一行(7人)を抜かして3人。少ない・・・

ブザーがなり、県議たちがぞろぞろと入ってくる。
傍聴席からは質問者と知事、知事のとりまきの席、
県議の一列目の席しか見えず、
その後ろのお偉いさん方の席はここからは見えず、
いったい何人が居眠りをしているんだろう、といつも思う。

村井知事になって野次が減り
吉村県政時代の議会になりつつあると噂で聞いた。
しかし、野党である島田県議が質問しだした途端ザワザワと・・・
「そんな質問してどうするんだ!」
「うるせーよ、関係ないじゃねーか」
「あっはっはっはっは(大声で)」
田中県政時代は涙が出るほどひどい事を言う人がたくさんいた。
今はこれでもソフトになったかなって思う。

しかし、質問に対しての村井知事の応えはいつも通りあいまい。
白も黒もはっきりしない、しゃべり方もはっきりしない。
「私はこう思う、私はいいと思う、それはできないと思う」
聞いててどんどん気持ちがモヤモヤする。学校じゃないんだから。

今回の大きなテーマは「脱・脱ダム宣言」。

ダムありからダムなしまで幅広い選択肢の中から
現代の最高の知見に基づいて決める


どんな報道を見てもそればかり。
浅川ダム流域説明会を開いても、
「ダム予定地に断層や地すべりの危険性はない」
と言葉で強制的に納得させ、詳しい資料など一切なし。
これでどう納得すればいいの。

北山県議はものすごくダムについて勉強していて、
今回の「穴あきダム」も、土砂などが詰まる可能性があることを指摘。
実際外国で事例があるほど深刻な問題なのに、村井知事は
「心配いりません。危険性はありません。」と断言。
北山県議が10年後完成予定なのに、知事は責任を取れるかと聞いたら
「責任を取ります」って!
いった何歳のおじいさんになっているのかしら。
責任取るってどうやって?

この裏でどんな談合が行われているか、きっと想像より深く広いもの。
長野市長が生コン屋で、土木業の県議に反対している人はいない。
結局は住民の安全よりもこの世の中お金か。
村井知事もいくら積まれたのだろう。


理不尽な現実。

| comments(0) | - | by greenmay9
村井知事の車座集会
信州は田中前知事から村井知事になって3ヶ月が過ぎた。
12月2日土曜日、市内の合同庁舎で初の車座集会。
田中派だったワタシは、村井知事になったことに対して
まだ納得がいかない。疑問、不信感ばかりがつのってしまう。

98歳の友達のおばあちゃんと、73歳のおばあちゃんと3人で参加。
会場には手話通訳の方が3人、字幕が出るスクリーンが1台。
村井知事が登場し、会場がざわめく。最初に口にした言葉が


私は反田中ではありません。
田中前知事のよいところを取り入れてやっていきたい。


反田中じゃないなら、どうして田中県政の批判ばかりするのだろう。
マスコミに多く取り上げられている項目には、
村井知事の考えは一つもなく、田中県政の批判発言ばかり。
選挙中もそうだったけど、村井知事に信念はあるのか!と思う。
長野県をどうしたいのか、政策をどうやって実現していくのか、
具体的な話しを一度も聞いたことがない。

10分ほど話したところで、すぐに質疑応答に。
後ろを見渡すと、30名くらいの人が手を上げていた。
指された人を最初から最後まで数えたら、全部で20名近くいた。
会場は所々席は空いていたけど、150名ほど入っていたと思う。


そこで、信じられない発言を村井知事がしていた。
ある人が早速質問をする。
●職員などの寒冷地手当てなどを削減して、
福祉・障がい者支援、環境保護などにまわしてほしい


→よく勉強していないので、人事の意見を聞かないと自分の意見をいえない。
それに、寒冷地手当てというものがあることを私は知りませんでした・・・


えぇーーーー!信じられない。
声を上げて言ってしまった。あまりにも常識はずれの答えなので。
だってあなた、県から給料もらっているでしょ。
あなた、長野県の知事でしょ。勉強不足にもほどがあるよ。
とぼける答えにも限度があるよ。一般市民でも大半の人が知っているのに。
本当に信じられないわ。

●県の借金はどうなっていくのか

→借金はある意味宝だ

あほだ。借金がいいわけないでしょ。ある意味って何?
借金をしたら返済しなくてはいけない。しない方がいいに決まってる。
よく住宅ローンにたとえて村井知事は話をするけど、
なんか全然比較にならないような気がしてしまう。

今年2月に発表された県の試算では、来年度には貯金が底をつき、
09年度には夕張市と同様に「財政再建団体」に転落する危険性があるという。
どう立て直していくのか、村井県政。

●土木工事について、知事がやるべきことはやると
言って下さっているので、今待っているところです。


→公共事業は増やします。

今話題の「天の声」がどこからか聞こえるのだろうか。
談合癒着の県政がまた出来上がってしまうのか。
公共事業はたとえ国の補助金をとっても、県の借金を増やす。
借金を増やせばいずれ毎年の返済額は重くなる。

何億円と公共事業に使うなら、
ワタシは少しでも障がい者支援について考えてほしいと思う。
障がい者が自立できない法律が出来てしまった今、施設は本当に苦しいのに。
(ボランティアでお手伝いしているので、現状が痛いほどわかる)

そしていつも必ず田中県政の批判を忘れない。
口にでるのは、意見ではなく批判や他の都道府県の例ばかり。
そして
・検討させていただきます
・私の勉強不足で、持ち帰って研究させていただきます
・非常に難しい問題で、今後考えていかなければならない

何回この文章を口にしたことか。

ガラス張り知事室に「入りたくない」と前面否定し3階の知事室に雲隠れ。
訪れた人を案内する「お尋ねコンシェルジュ」を「常識はずれ」と言い
就任直後に廃止。お陰で県民は県庁から遠ざかるばかり。
県のホームページからは前知事関係の情報を大量に削除。
組織名「チーム・ユニット」をわかりにくいと、以前の「課・係」に戻した。

どう見ても後戻りに見える。
村井知事さん、あなたの政策を早く教えてください!

煮え切らない思いで会場を後にしました。
私も勉強して、今度の車座集会では意見を言おう。
これでは住民にしわ寄せが来る日も遠くはなさそうだわ。

はぁ。


----------------------------------------------------------
パー今日のロハス度 ★★★★ →ロハスとは?
・軽井沢でハーブランチの会に参加。美味しかった!
・軽井沢でいろんな方に会い、いろんな話しをする
・大きなクモが部屋に。朝のクモは縁起がいいので逃がしてあげた
・材木をあげたら、ケーキをいただいた!やった!
| comments(4) | - | by greenmay9
田中康夫復活!

田中康夫前知事が退任して以来、1ヶ月半ぶりにお会いしました。
肩の荷が下りて太ったかなぁとか、普通の県民に戻ってしまったのかなぁとか、
いろいろと考えましたが、実際会ったら以前の知事のまま。
ちょっと安心したと同時に、やっぱり戻ってきてよーと言いたくなりました。
現実、急速に後戻りしている長野県の現状が恐ろしい・・・
(ちなみに後ろで変な格好をしているオジサンは、ワタシのトトサマです笑)

信州を思う53万人の会として初めての意見交換会。
康夫ちゃんはイタリアで買ったと思われるお洒落な赤いローファーを履いて、
いつものようにズタ袋(笑)をぶる下げ会場入り。
200人入る会場には、相変わらずの大勢の報道陣を含めて300人近い県民が。
改革を止めてはならない!知事よ戻って来い!
いろんな思いをそれぞれ持ちながら
約2時間半もの間、熱い信州への思いを聞きました。

今は軽井沢の実家と東京を行き来する生活をしているらしい。
相変わらず多くの政治家、有名人と会う機会が多く、
忙しい日々を送っているようです。

ここで信じられない真実を知りました。
---中越地震、配られない義援金49億円---
23日に発生から2年となる新潟県中越地震で、
義援金約49億円が被災者に届かないままになっている。

留学時代のトモダチが新潟の震源地近く小千谷市に住み、
まさに被災者となって大変な思いをしていた。
この行政の対応、そしてその理由にあまりにも納得がいかないわ!
事故は会議室ではなく、現場でおきたのよー!現場を見なさい!

この日は、知事を退任したのでもっとフランクな話や
暴露話など聞けるかなぁと期待していたけど、
信州の現状、これからの動向などの話が多く
康夫ちゃんの信州に対しての想いが予想以上に強くて感激しました。

”知識じゃなくて知恵をもつ”
科学の力や数字でのみ解決してしまうのではなく、
洞察力や直感力、想像力を持ち、改革に臨むべきだ。

そんな言葉を残して第一回車座集会が終りました。
少しずつだけど、行くべき道が見えてきた気がしました。

今後は10月27日に軽井沢のブレストンコート。
11月8日に須坂市のシルキーホール。
11月15日に松本市の勤労者福祉センターにて予定をしています。
時間はすべて6時半からです。
お近くの皆様、是非康夫ちゃんに会いに来てくださいね!

----------------------------------------------------------
パー今日のロハス度 ★★★★★ →ロハスとは?
・久しぶりに康夫ちゃんにパワーをもらう
・久しぶりの外食をパパオルソで食べる
・木材をルヴァンのパンと物々交換。やったね!
・保育園に木材を寄付する
| comments(2) | - | by greenmay9
田中知事ありがとう

                   ↑青山出納長の挨拶の様子

8月31日 午後5時。
田中知事が澤田副知事、青山出納長、丸山教育長とともに退任のあいさつをした。
田中知事がしゃべっている間、青山出納長が目を真っ赤にして
顔をしわくちゃにして、必死に涙をこらえていた。
私たちはその姿をみて、いままでたまっていた涙が急に流れ出した。

田中知事は「これからも同じ思いを持つ人たちとともに
この信州から日本をよりよく、信じられる社会にしていくために歩んでいきたい」
と、新たな政治団体「信州を思う53万人の会」を設立して
代表に就任することを発表した。

安心した

信州を捨てたんじゃないんだ

よかった

ほんとうによかった



しみじみとしていると突然、
「あるある探検隊♪」と行進して近づいてくるおじさん(笑
あーーー!前の会社の人たちがお忍びで来ていた。なつかしぃ〜
思わず記念撮影。
 

知事はこの後、何千人もの人とありがとうと握手をかわす。
↓これはその中でもベストショット。

共に6年間闘ってきた同士。
「ご苦労様田中知事。
有難う唯ただ感謝の気持ちでいっぱいです。」

写真を撮りながら、綺麗な涙が流れた。
本当にお疲れ様。知事、そして島田県議。

これで綺麗に終ればよかった。
しかし、信じられない出来事が。

知事が人々と退任のあいさつをしているとき、
名札を胸ポケットに隠した県職員のひとりが、
人々の間を縫うようになにやら撒きながら
足早に歩きまわっていたらしい。
近くの人が撒いているものを確認したら

なんとそれは
でした。

周りの人々は
「塩だ。なんだって撒いているんだ!」
「だれか写真を撮れ!」と怒鳴っていた。
その職員は、みんなが騒ぎ出すと顔を隠すようにして
逃げ出してしまったそらしい。
これは、いままでの反田中で動いていた人々の
締めくくりを象徴するような行為。

知り合いのおばさんが一生懸命塩を拾っていて、
手に握れるくらい持ってきた。
「あんた!これ見なさいよ!この世の中おかしいよ!」
新聞社数社にこの記事を載せろと抗議したらしいけど、
鼻で笑われたと言っていた。

終いには、玄関付近にむかって猛スピードで来る車が。
クラクションを鳴らし、キィーと音を立てながら曲がっていく。
みんなで「なんだありゃ?」と口をあけてみていた。
県職員の小さな抵抗。恥ずかしいよ、何やってんの。

でもこの選挙で私たちは成長しました。
これからも改革を止めないようがんばっていきます!



いい顔しているでしょ。
知り合いの女性Kさんからもらった写真。
田中康夫熱烈追っかけファンの女性。
10歳以上年上だけど、いつもからかっていて反応がとってもかわいかった♪
Kさんとは選挙中ずっと一緒に行動していて、大変お世話になったの。

いろいろな情報があるのでご紹介します。
時間があったらじっくり見てくださいな。

田中康夫オフィシャルサイト

●知事選中に泊り込みで応援してくれた
大阪・門真市議の戸田ひさよしさんのHPはものすごく納得した。

青山貞一先生の田中康夫HP

---------------------------------------
パー今日のロハス度 ★★★★★★★  →ロハスとは?
・軽井沢の吉村順三邸別荘を特別に見学させてもらう。
 ↑またブログにアップします。
・軽井沢工事現場にて森林浴しながら手作りおにぎりを食べる
・軽井沢の知り合いに有名な丸山珈琲をいただいた
・午後半日、軽井沢現場の草刈をしていい汗をかく
| comments(0) | trackbacks(0) | by greenmay9
[ 最近の記事 ]
[ カテゴリー ]
[ 月別 ]
[ コメント ]
[ プロフィール ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ RSS/ATOM ]
[ モバイル ]
qrcode