スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
被災地のドキュメンタリー映画『ガレキとラジオ』
DSC_0382.JPG
津波で大きな被害を受けた宮城県南三 陸町で、
震災から2ヶ月後に立ち上がった
全員素人のラジオ局「FMみなさん」を
1年間に渡っ て追った、70分のドキュメンタリー映画
『ガレキとラジオ』みてきました。

タオルハンカチでは足りないくらい、
最初から涙が止まりませんでした。

でも、
笑いもある、
音楽もステキな映画。

中に出てきたおばあちゃんは、
娘と孫と三人暮らしをしていたけど、
娘も孫も未だに見つからず、
毎日探していた。

時が止まったままの人が
まだまだたくさんいる。

最後に監督が言ってました。

『風化させてはいけない』


遠い私たちには知らないことが多くある。
被災地を知ることの大切さ、
そして何よりも風化させてはいけないと私も強くおもう。

また何かしたい!
という強い想いが込み上げてきました!
| comments(1) | - | by greenmay9
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
* Comment *
上映会 参加していただいたのですね? 嬉しいです
唐突ですがあの日壇上にてお話させていただいた元FMみなさんスタッフのものです

皆様にはいくら感謝してもしきれません

支援の輪が広がることも重要ですが 何より震災を忘れてほしくない その思いだけで今も日々暮らしています

貴方のような方が他にも大勢いらっしゃると思いますが あの日話したように無理をさせてまでの支援はこちらとしても心苦しくなってしまうので ささやかなものでも構いません

みなさんが震災をいつまでも忘れず心に留めていてくれる それが1番の支援につながると信じ 映画が作られたのですから…
| Atsushi | 2012/11/17 7:21 PM |









[ 最近の記事 ]
[ カテゴリー ]
[ 月別 ]
[ コメント ]
[ プロフィール ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ RSS/ATOM ]
[ モバイル ]
qrcode