スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
妊娠記録その5 ―ご供養、火葬―
ご供養や火葬、お葬式について。

まったく知識のない私には
とっても大変だった。

経験のあるYちゃんにいろいろと聞きながら
事を少しずつ進めていった。

事務的なことがすごく多かったので
非現実的な世界にいた私は
もっとふわふわとしてた。

まだ亡くなったことが夢のような中、
病院からもらってきた死亡届と火葬届を
土曜日に市役所に提出しにいった。

火葬する日程を決める。

お友達の副住職Sくんに
全体的なことを相談に乗ってもらっていて、
お腹の中の赤ちゃん=水子は彼自身も初めてで
自分でできる範囲のことであれば、
せいいっぱいやります。 と言ってくれていた。

火葬してご供養するのが順番らしく、
その通りに日程を組んでいたけど、
病院の先生に
「小さいから骨は残らないかもしれない」
と言われていたので、火葬場に確認してみた。

「15週だと、骨が残らないかもしれません。
私たちの出来る限りのことはします。」

といってくれたけど、
とっても小さなあかちゃんだったので
骨は残らないかもしれない。

何もない状態でご供養するよりは、
何か形があってご供養してもらいたかったので、
ご供養してから火葬することにした。

そして、その後のことで結構もめた。


埋葬する場所。

安易な考えで、
うちに置いておこうとか、
自然に還ると思い、自宅の木に灰を撒こうとか、
素人的な考えをしていたけど、
そんな簡単なことじゃなかった。

祖母のお葬式を取り仕切っていただいた
Mさんにも相談してみた。

水子の霊はいくつか選択肢がある。

1.水子の霊を祭っている場所に埋葬する。
これは、行く場所のない水子の霊をすべて一緒にして祭る場所。

2.お寺に保管してもらう
保管料を毎年払うらしい。 また宗派はどうなるの?という問題が。

3.ヒカルの実家青森のお墓に埋葬する(臨済宗)

4.私の実家のお墓に埋葬する(曹洞宗)


1は、本当に行き場のない水子が行くところだから、
行く場所がある場合は行く必要がないとのこと。

2も、行く場所がない場合。
水子を祭ってるお寺じゃないとできないし、
あまり例がないという。

3が一番現実的だとMさんに言われた。
私たちはヒカルの実家に迷惑もかかるし、遠いしと思っていた。

4は私が嫌だったけど、父親がそうしなさいともめた。

いつの話になるかわからないけど、
将来的には私たち自身のお墓に移す考えで、
とりあえず場所を借りるという感じで考えればいいと言われた。

そして、宗派のことでもけっこう話がこじれた。

ご供養してもらう場所の宗派と埋葬する場所の宗派。

でも、そんなのこんな短時間に考えられない。
ただでさえ現実に向き合えてないのに・・・
と思いながら、父親の想いなどを聞いていた。

結局は青森県八戸にある、
ヒカルの実家に預かってもらうことに。

「こんなにもめているから、灰も何も残らないかもね」

なんて話していた。


●2月26日火曜日 
ご供養、火葬の日。

とっても澄んだ青空の日。

私たちの気持ちを包んでくれている感じがした。

私とヒカルは喪服を着て、
子供たちも黒めの服で出かける。

お花、お供え物(牛乳、赤ちゃんせんべいなど)を用意して
Sくんのお寺に向かう。

今日は家族と
そしておじいちゃんが忙しい中一日付き合ってくれた。
本当にありがとう、おじいちゃん。

10時からご供養してもらう。
30分くらい、一生懸命お経を唱えてくれた。
Sくん、ありがとう。

大星火葬場の近くのピッツェリアで大急ぎでお昼を済ませ、
お花とお線香、ロウソクと
お供えするぬいぐるみやお菓子などを持って
2時前に火葬場に行く。

いろんな説明を聞いて、2時すぎに火葬が始まる。

子供にはあの生々しいあかちゃんを見せたくなかったけど、
私があまりにも頻繁に棺の中をのぞいては話しかけていて、
かずきも見たくてしょうがなくなってしまい、
時間がたってしまったあかちゃんを見せた。

そんなことなら最初に見せればよかったかな。

そういえば、おばあちゃんが亡くなった時も
棺にドライアイス入れていたなって途中で気づいて
31アイスを買ってはドライアイスをもらい、
棺に入れていた。

成人男性なら2時間近くかかるという火葬も、
胎児なので30分もかからなかった。

出てきた中には、骨があるように見えたけど、
たくさんのぬいぐるみや手紙、おもちゃを入れたので
灰と一緒になっていてわからなかった。

隅々まできれいに拾って、骨壷に入れてもらった。

不思議と涙が一滴もでない。

よかった、笑顔でかんちゃんを見送れた。

火葬が終わったあと、外に出てかずきが言った。

「あっかんちゃんがあそこにいる!
今お空に昇っていってる!」

子供には本当に見えるんだと思う。

そして、見えるようにかんちゃんも上がっていったんだね。

魂はいつでも一緒。
私たちはかんちゃんを忘れないよ。
天国で安らかに。

本当にありがとう、かんちゃん。
| comments(0) | - | by greenmay9
妊娠記録その4 ―手術―
2013年2月21日15時入院。

東京にいる母親が
それでも心配で帰ってきてくれて
1時間ほど付き合ってくれた。


母親の誕生日だったけど、
オメデトウを言うのも忘れてたね。
ごめんね。


行ってすぐに処置室に行った。

ラミナリアという、
子宮を広げる棒?を子宮に5本入れた。
ものすごく痛かったけど、
赤ちゃんが出やすいといわれ、その痛みに耐えた。

ラミナリアは時間とともに膨張して、
その間に子宮がゆっくりと広がるしくみ。

次の日の手術の時間まで約1日かけて子宮を広げる。
その間はあまり動いてはいけないので入院する。

先生と看護婦さんが
「もう一本いってみようか?やっぱりこれが限界か?」
などと話しながらやってた。
あまり前例がなさそうな感じだった。


その処置が終わり、
車いすに乗せられて、病院の個室までいく。

お腹がちくちくと痛んでいた。


その日担当してくれた看護師さんは
「私は助産師だから、あなたの気持ちはすごくわかる」
と言って、一緒に泣いてくれた。

母親の前ではなかなか泣けない自分がいたけど、
こうして同情してくれる周りの人の前では
涙が自然と出てくる。

その助産師さんが言ってた。
「お腹から出た赤ちゃんはみない方がいい。
その赤ちゃんがずっと脳裏に残るから」

そう言われていたけど、
赤ちゃんには絶対会いたいと思っていたし、
むしろ脳裏に残したかった。

16時頃から、
うちから持ってきた年賀状の住所整理をした。

無意識に持ってきたけど、
非現実的な世界にいた私にとって、
現実と向き合うことが怖かった。
だから、何かを無心にやりたかったのかも。

その日の夕方、
いつもすごくお世話になっているS助産師さんが
「これから夜勤なの」
と言って、部屋をのぞいてくれた。

その顔をみた瞬間に、号泣してしまった。
「辛かったね、苦しかったね」
そう言われることがなぜかすごく心地よかった。
理解してくれる人がいるんだって。

そのあと、友達のNちゃん(助産師)も顔を出してくれて
少しの間だけど、笑って話ができてよかった。
ありがとう★

夕食はつわりがあり、ほとんど食べれない。

なんて皮肉なんだろう。
赤ちゃんはもう亡くなっているのに、
どうして私のからだから
つわりはいなくならないんだろう・・・


夜は眠れなかった。
明日、何がおこるんだろう。
どうなるんだろう。
私のあかちゃん・・・


●2月22日金曜日

この日は朝から飲食禁止。

つわりもまだあるし、食欲はない。

全身麻酔した時に、
万が一嘔吐してしまった場合に、
飲食していると、詰まって呼吸ができなくなってしまうという。

11時点滴が始まる。

2度失敗された。
その腕が真っ青に腫れてすごく痛かった。

12時手術。

ベッドに乗って手術室に行く。
本格的な手術室。
手術前に名前を確認する。

K先生は、ずっと信頼している先生。
この先生でよかった。

付いている点滴に、全身麻酔の点滴を入れ始める。
先生に聞いた。
「先生、全身麻酔が効いたってのはどうやってわかるの?」
「私が、中村さん寝ましたか?って聞いたら、はい!と答えてください」
と、とっても素敵な冗談を言うので、笑っていつの間にか眠った。

はっと気づいたのは、意識的にほんの数分。
「先生、私の名前呼びましたか?」
と大きな声で聞いてしまった(笑)

もう30分経ってて、順調に終わったと言ってた。

早く、早く、赤ちゃんに会いたかった。

小さな棺に入った赤ちゃんを見せてもらった。
10cm程の小さな私の赤ちゃん。

手や足や、そして目も鼻も口もちゃんとあった。
少しふっくらしていて、とってもかわいらしかった。

涙が止まらずに、棺を抱きかかえて
「先生、看護婦さん、本当にありがとうございました」
とお礼を言ったら、
看護婦さんたちも涙をして頭を下げていた。

私の子宮の中もきれいになったと
先生が教えてくれた。

全身麻酔が抜けて、意識がはっきりするまで
16時ころまでゆっくりさせてもらった。

それでも小さなお産だったので、
産後の症状がしばらくあると先生が言ってた。


術後もつわりの感覚がなかなか抜けず、
食欲はあまりない。

何度も何度も棺を開けて、
あかちゃんを見てはなでていた。

「ごめんね、ごめんね、
こんな形で出会うなんて本当にごめんね」
| comments(0) | - | by greenmay9
妊娠記録その3 ―15週の流産―
2月18日月曜日。
妊婦検診。

この日は夫がお休みで、
普段夫は土日お休みがなかなか取れず、
子供もお父さんとあまり遊べないので、
かずきも保育園お休みの日。

みんなを残して、私一人で検診へ。

今回から助産所での検診。
以前からとっても信頼していたK助産師さんが担当だった。
話を少しして、エコーをみる。

「あれ、心臓が見えない〜
私のやり方が下手だから、上手な助産師呼んでくるね」

F助産師さんがきた。
「おかしいね、動いてないね。心臓も見えないね。」

私は
「へぇ〜こんなこともあるんだ。」
なんて言ってた。


すごく動揺してた。
心臓はドキドキいってた。

助産所の隣にある市民病院の先生のところへいく。
K助産師さんがずっと肩をさすってついてきてくれた。

私は震えが止まらなかった。
きっと間違いだ。
先生のところに行かないとわからない。

待合室で待ってる間も、ずっと震えてた。

先生に呼ばれ、エコーで見てもらった。

いろいろと説明してもらい、
「赤ちゃんの心臓、動いてないね」

この言葉を聞いて、私はベットの上で泣き崩れてしまった。
声を出してたくさん泣いた。
たくさんたくさん。

まだ何も考えられなかった。
どうしてなのか。
何が起きたのか。
赤ちゃんはどうなるのか。

ただただ悲しくて。

その後すぐに、手術の説明があった。
頭はボーっとしてるし、よくわからなかった。

看護師さんが
「赤ちゃんはきっと何がメッセージを
残してくれたのかもしれませんね。」

この言葉が私にはとても胸に突き刺さり、
「流産したての人に言う言葉じゃない!」
って心の中で叫んでた。


病院からヒカルに電話した。
涙が止まらなくて、言葉にならなかった。

病院から家までの20分間、
運転しながら、大きな声でわんわん泣いた。

うちに着くと、
家族みんなが私を迎えてくれて、
みんなでギュッとハグしながら泣いた。

ヒカルは子供たちに流産したことを話してあって、
子供たちも私をギュッてしてくれた。

よかった。
一人じゃなくて。
みんな家にいてくれてよかった。


次の日、もう一度手術の説明を受けに病院へ。
先生と話をした。

8週前の流産は、7人に1人の確率でおこる。
日帰り手術で全身麻酔して胎児を出して、
その日に退院する。

私も過去に2回初期流産をしたけど、
そういえば胎児はどうなったんだろうと思って聞いたら、
廃棄物として捨てられてしまうらしい。

命にはかわりはないのに、どうして・・・

12週以降は、廃棄物として捨てるのは法律で許されていない。
一人の人間としての命になるらしい。

12週以降の後期流産は、50人に1人の確率らしい。
先生に珍しいと言われた。

胎児が弱ければ、8週前に亡くなってしまうらしい。

でも15週までお腹にいた赤ちゃん。
原因はわからないって言ってたけど、
先生は恐らくへその緒が巻きついてしまったか、
血管が傷ついたり、何かの原因で栄養がいかなくなったか。
といってた。

15週の検診で気づいたけど、
亡くなったのはもう少し前らしい。

胎児が亡くなったままお腹に長い間いると、
胎盤が子宮からはがれなくなるから、
手術は早めにと説明を受けてくる。

子供のこともあるし、夫の仕事のシフトもあったけど、
早めに出してあげたかったので、
2月21日に入院して、22日に手術することにした。

事がトントン拍子で進むので、
気持ちがついていかれず、
非現実的な世界で生きたいた。

家に帰ってきても、私のお腹はまだ大きくて。
赤ちゃんも中にいて。

18日から毎日、かずきとめいには
あかちゃんが亡くなってしまったことを話してた。

5歳のかずきは、布団にくるまってシクシクと泣いていた。
「かんちゃん天国に行っても元気でね」

ありがとう。
子供たちに救われた私の気持ち。

本当にありがとう。
| comments(0) | - | by greenmay9
妊娠記録その2 ―つわりの食べ物―
つわり中の食べ物についての記録。

●つわり初期
12月初旬〜中旬(妊娠5週〜7週)

とにかくごはんが最初からダメ。
あの炊きたてのにおい強烈だった。

冷蔵庫のにおいもダメ。

コーヒーもダメ。

とにかく匂いにすごく敏感になり、
息苦しくて嫌いなマスクをときどきかけてた。

固定観念からか、
何も食べれないと思っていて、
本当に食パン以外はあまり口にしなくなってきた頃。


●つわりピーク時
12月下旬〜1月中旬(妊娠8週〜10週)

今回は一番ひどかった。

本当に餓死してしまうってほど食べれなかった。

一番ひどい1月初旬から1週間は何にも食べず飲めず。

ピーク時食べたもの
・氷
・夏ミカン
・サクマドロップ

立ち上がるのもクラクラした。

ゲップ、つば、ため息がひどくなり、
近くにコップを置いてつばを出してた。

夫の母親が来てくれて、
せっせとおいしいものを作ってくれたけど、
ほとんど何にも食べれず。
ごめんなさい。


本当に辛くて苦しい期間だった。


●つわり後期
1月中旬〜2月下旬(妊娠11週〜15週)

徐々に食べれたもの
・食パン
・モスの塩いっぱいフライドポテト
・きんぴらごぼう
・塩をかけたポップコーン塩味
・ポテトサラダ

とにかく塩がたくさんかかってるのがおいしかった。

塩をなめたりもしてた(笑)

夜に何度もトイレに起きたので、
夜中にパンをつまんでは寝て〜ってしてた。
きっと虫歯がひどくなってると思う・・・

気を紛らわすために、ゲオでDVDをよく借りてきてた。
この頃ドリフにはまり、よくドリフを借りてきては家族で笑ってた!
笑うことがなくなってたので、すごく癒された〜


かんちゃんがお腹の中で亡くなってしまった後も、
つわりは続いていた。

先生は、胎盤から出るホルモンの影響だ、と言ってた。

私は普段から体調を崩すと胃腸にくる。
体が「少し休ませて」という信号は、いつも嘔吐下痢。

妊娠時、弱い部分がこうして強く出てくると聞いた。
そうかだから私はつわりがこんなに辛いんかな。
| comments(0) | - | by greenmay9
妊娠記録その1 ―5キロ痩せたつわり―
天国に行ってしまったかんちゃんだけど、
私の記録のために、ブログに残します。

----------------------

3人目の妊娠がわかったのは12月初め。
多分5週くらい。

でも、病院に行ってもまだあかちゃんの袋がなくて
「子宮外妊娠かも」と脅かされて帰ってきた。

12月半ばになり、ようやく先生に
「妊娠おめでとう」と言葉をもらう。


とってもとってもほしかったので
すごく嬉しかったのだけど、
妊娠が判明してすぐにつわりが始まり
そこから地獄のような日々が始まりました。


私の3回目のつわりの記録。
今回が一番つらかった・・・

上の二人の時は仕事をしていたのもあり、
仕事場ではよく吐いていたけど、
紛らわすことができた。

けど、今回は実は仕事内定をもらっていたのだけど、
妊娠報告をしたら不採用になってしまい・・・

2番目の2歳のめいを保育園に預けて
ずっとずっとアパートで過ごしたのがいけなかったかも。

どうしようもないことばかり考えて一日を過ごしてた。


多分、5週くらいから始まったと思う。
最初は気持ち悪い程度。

友達の結婚式があった12月中旬ゴロから
急に調子が悪くなる。

年末だったので予定が立て込んでいたのだけど
すべて行かれずキャンセル。
気持ちが沈む。
ボーっとする時間がすごく増える。

私はいつもつわりが辛い。
毎回つわりが始まると、
「なんで私だけ・・・」
「なんでこんなにひどいんだろう・・・」
と考えても仕方がないことばかり考えてしまう。

そして、1時間が1日のように長い。
時計を見て過ごすことがすごく多くなる。

ゲップ
つば
ため息

この3つが1日に何十回と繰り返す。

今回は子供の年末年始休みが重なり、
夫は仕事でほとんど不在。
子供たちには本当にかわいそうなことをしちゃったな〜

具合が悪くて一日中家から出られないから、
かずきなんかは「ひまだ〜つまらない〜」と
ずっと言ってた。
めいともよく喧嘩してた。

夕食も作れず、白いご飯にふりかけの日々。
本当にごめんよ・・・(涙)

普段見せないテレビにはすごくお世話になって(笑)

でもでも、
周りのお友達に子供を預かってもらったり、
夕食を作ってもらったり、
本当にお世話になりました。
ありがとう★


ピークが8週〜10週(12月下旬〜1月中旬)だった。
何も食べれず、お水もまずくて。

私、このまま餓死してしまうんじゃないかってほど
1週間くらいなんにも食べれなかった。

これはまずいと思い、
子供をおじいちゃんに預けて
近くの内科へ点滴に。

体にはよかったのかもしれないけど、
なんか動いたので余計気持ち悪くなった。

この頃は1日に10回くらい胃液を吐いてた。

吐く行為が本当に辛くて。
でも吐かないと駄目で。
トイレで涙を流しながら吐いてたな〜

10週には、夫のお義母さんが青森からきてくれて
12週までいてくれて、本当に生き返りました!

炊事洗濯買い物子供のお世話、すべてやってくれて。
本当に本当にありがとうございました★

動いてなかったので、
うちのアパートの階段を少し行ったり来たりするだけで
体がとっても痛かった。

猫背が居心地がよくて、
ゾンビのような暮らしをしてたな・・・

結局、かんちゃんがお腹の中で亡くなってた15週まで、
というか、お腹から出してあげた後もつわりをひきずってた。

「つわりがあれば赤ちゃんは大丈夫・・・」
それを信じて検診を1カ月待ってたけど、
こんなこともあるんだ。

つわりの食べ物については、また別にアップします。
| comments(0) | - | by greenmay9
東日本大震災チャリティーつながるマーケット
13629685842940.jpg
震災から2年。

たくさんの亡くなった命が、
私たちに多くのことを教えてくれた。

子供を抱えた母親の私たちでも
何かしたい!と始めた、
義援金を集めるフリーマーケット
『東日本大震災チャリティーつながるマーケット』も、
今回は7回目となりました。

お陰さまで、
たくさんの方々のご支援ご協力があり、
大盛況で終わることができました。

スタッフ12名、
ボランティアさん約30名、
出店71店舗、
来場者数約1,000人以上、
義援金もたくさん集まりました!!

後日集計してご報告します!

出店お手伝いしてくださったみなさま、
来てくださったみなさま、
想いを寄せてくださったみなさま、

本当にありがとうございましたm(__)m

震災にあった東北
そして長野県栄村を想い、
亡くなった方々のご冥福を
お祈りいたします。
| comments(0) | - | by greenmay9
ありがとうございます!
DSC_0441.JPG
みなさん、
たくさんの心のこもったお言葉、
本当にありがとうございます。

たくさんの方に支えられ生きているんだなと、
つくづく感じました。

きっとかんちゃんはそのことも
気付かせてくれたのかもしれません。

これから起こることも、
私が感じることも、
かんちゃんからのメッセージなのかもしれません。
ね、のだまさん。


かんちゃんを天国に見送ってきました。

お友達に作ってもらった
天国へ着ていくお洋服、
いただいたお花、
お菓子や本。

そして、
とても親身になって相談にのってもらった、
お友達の住職さんに
ご供養をお願いしました。

かずきは火葬場の外で空を指差して、
『あっかんちゃん今見えた!
あそこにいるよ!』

子供には本当に見えるのかもしれません。


かんちゃん
会いたかった。

会って抱きしめてあげたかった。

ちゃんと産んであげられなくてごめんね。

天国で安らかに眠れますように。

たくさんたくさん
ありがとうかんちゃん!


★ブログをお借りして、みなさんには感謝の気持ちを送ります。本当にありがとうございます
| comments(0) | - | by greenmay9
[ 最近の記事 ]
[ カテゴリー ]
[ 月別 ]
[ コメント ]
[ プロフィール ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ オススメ ]
[ RSS/ATOM ]
[ モバイル ]
qrcode